So-net無料ブログ作成

秋じゃがいもを植えました

2017年8月20日の日記

今日は先日,じゃがいもを収穫したあとの畑に,今回は秋植えのじゃがいもを植えます。

いつもお世話になっている河童さんから教えていただきましたが,秋植えのじゃがいもは品種が違うんですね。早めに収穫しないといけないので,すぐに育つ品種になっているようです。

ホームセンターに買いに行ったらいつもの男爵や十勝こがねといった品種はなく,それらは夏の品種で,今回はデジマを植えました。ほかにはニシユタカが売られていました。

なお,先日,夏じゃがいもを収穫しましたけど,じゃがいもは休眠期間があるので,夏に穫れたじゃがいもは種芋には使えないそうです。

秋じゃがいもは植えるのは9月に入ってからのほうが普通なようですし,種芋もお盆の頃をすぎないと売っていないのですが,今年は冷夏なので,早めに植えました。iruchanのところもいつもだとエアコンがないと眠れないのに,エアコンなしでも涼しくて本当におかしな夏です。

デジマ.jpg デジマという品種です。

デジマ1.jpg 

  こんな風に植えました。間に化学肥料を撒いておきました。

ついでに,今年の秋からiruchanが住んでいるところもゴミ回収の頻度が減り,また,専用のゴミ袋でないと回収していただけなくなりました。ゴミ袋も非常に高くなり,1枚50円ほどします。ちょっとびっくりです。

でも,もちろん,iruchanもエコな生活はとても好きですし,ゴミの減量には協力したいと思っています。

と言う次第で....。

iruchanもコンポストを設置しちゃいました。

でも,その前に問題発生。そもそもコンポストはやっぱり大きいのです。

クルマがあれば取りにいけるんですけどね.....。それに,ホームセンターも遠い!

とゆ~ことで,結局Amazonで買っちゃいました。ホンマに何でも売っとるな~。

買ったのはアイリスオーヤマの エココンポストIC-100というやつで,直径56×高さ63cmという比較的小型のものです。実際,手にしてみるとちょうどよい大きさで,これくらいなら庭に置いておいても邪魔にならないと思います。

芋を植えるついでに深さ20cmほどの穴を掘り,コンポストを埋め込みます。

その後,中に菌床を1kgほど敷いておけばOK。あとは生ゴミを入れるたびに少しずつ,発酵促進剤を入れるだけのようです。

コンポスト.jpg コンポストも置きました。

  隣はししとう。しかし,できた実は完全に唐辛子でした......[どんっ(衝撃)]

これで,ゴミも減量できるし,来年は堆肥もできるので,有機栽培のじゃがいもが穫れますね[晴れ][晴れ]


2017年9月10日追記

もう,先週くらいからデジマの芽が出ました。やはり秋の芋は成長が早いのですね。

今朝はさっそく芽かきをしました。

デジマ.jpg かわいらしい芽が出てきました

隣のししとうはやっぱり唐辛子でした。こんなにいらん,という感じですけど....。

夏に穫れた十勝こがねで,どうやら陽が当たってしまって青くなった芋があったのであわせて植えておきました。じゃがいもは休眠期間があるので,夏芋を植えても芽が出ない,ということでしたが,よく見ると2個植えたうち,1個が芽を出していました。楽しみです。



nice!(6)  コメント(0) 

KATO C12入線 [模型]

2017年8月13日の日記

KATO C12.jpg

EF10 24関門タイプと一緒にC12も買っちゃいました!!

C12はとても好きな機関車で,細身のボイラーに明治時代の英国製蒸機みたいなすっと背の高い煙突を持ち,とても戦時設計とは思えない優美さがあって,好きな機関車です。以前,マイクロエースから出て,こちらも買っています。マイクロエースのは炭庫側の前照灯が点灯しない仕様だったので,こちらも改造して点灯するようにしました。

実機は1932年から登場し,40年まで作られていますが,戦後の1947年にも製造されているのに驚きます。まだ工業の復興が進まず,とりあえず持っている図面や資材で作った,と言うところなのでしょう。

もとより簡易線区向けで,そんなに牽引定数は稼げませんが,小型で小回りの利く車体は重宝されたことでしょう。実際,九州から北海道まで,日本中で使われていますし,台湾や樺太に渡ったものもいます。蛇足ですが,樺太は日本が作ったので狭軌ですが,現在,ロシア標準のゲージに改軌中です。いずれ日本の遺物も消えていくことでしょう。

さて,KATOからは今年3月に発売されています。評判の高い,コアレスモータを搭載し,非常にスムーズに走行するのが驚きです。

EF10 24と一緒に改造します。

やはり,オリジナルの状態では機関車が停止しているときに前照灯を点灯させておくことができません。もちろん,国鉄時代の話なので,昼間は点灯しないのが当たり前なんですけど,やはり模型の場合は点灯しないのは不満が残ります。

そこで,前照灯基板を改造します。

といって,普通の機関車だと前照灯のLEDは煙突付近に設置されていると思います。

ところが,このKATOのC12はキャブの屋根に設置されています。

ある意味,ボディをばらさなくて済むので簡単なんですけど,やはりこんなところに設置してあるのか,とびっくりしちゃいます。さすがにコアレスモータを搭載しているとは言っても,コアレスモータは細長いので,前照灯を組み込むにはスペースがここしかなかったのでしょう。

キャブを外すだけなので,簡単です。キャブの下部につまようじを入れて,キャブを少し,クニ,クニとひねってやると外れます。発電機の配管が屋根に刺さっていますので,ご注意ください。発電機は最初に取り外しておいた方がよいかもしれません。炭庫部分も一緒に外れちゃいますが,組み立てるときはまずはキャブと炭庫を組み立ててからでないと組み付けできませんのでご注意ください。

KATO C12前照灯基板1.jpg オリジナルの状態

この積層セラミックコンデンサを撤去すれば,一応,常点灯にも対応し,停車中に前照灯を光らせることができます。

以下はあまり意味がありません。きわめて細かい工作が必要な割にそんなに効果はないので,ほとんどの人にはお勧めしません。

一応,スナバ回路の設置を考えますが,もとより後ろ向きには走らせないつもりですし,また,蒸機なので炭庫側のライトがちらちら点灯してもそんなに気になりませんので,自信のない方はしなくても十分だと思います。

KATO C12前照灯基板.jpg スナバ回路の配線中

あまりにも基板が小さいので,スナバ回路を設置しようにもスペースがありません。

なんとか,2つのLEDの間にスペースがあるので,そこにチップのコンデンサと抵抗をはめ込みました。抵抗値は22Ωで,コンデンサは0.1μFとしました。さすがに前後の部分が長さが足りないのでラッピングワイヤで追加しました。ハンダ付けがやりにくいので,レールの文鎮に両面テープを貼って基板を固定しています。

基板の "べろ" の部分はウェイトに挟まれるので,あまりここにはんだが流れ込んじゃうと今度は基板が挟み込めなくなりますのでご注意ください。iruchanも結局,やすりで修正しました。

そのほか,▲のキャブの屋根部分にいろんなリブがあって,当たりますのでルーターで削りました。

むしろ,こんなに厄介だったら普通のアキシャルリードタイプのCとRを使って,基板後方に飛び出す形式でもよかったと思います。そんなに見えるところじゃありませんしね。

点灯テスト.jpg 点灯テスト

  配線が終わったら,9Vの乾電池で点灯テストです。

KATO C12-1.jpg 実機でのテスト。非常に暗いです。

さて,ようやくスナバ回路付の基板を組み込んだら実機でテストします。

ところが.......。

最新鋭のPFMコントローラではつまみを0に絞っても機関車が動いちゃいます[雨][雨][雨]

本機は最低デューティ3.2%で作ってあるので,非常に低いデューティのパルスを出力できるのですが,恐ろしいことにこのC12はこのデューティでも動いちゃうんです

しかたないので,KATOのKC-1を現代によみがえらせた自作のKC-1改コントローラを引っ張り出してきました。

さすがに,本機は最低デューティ2.45%でしたのでC12は止まったままでした。

KATOのD51だと最低起動デューティはこのブログでもご報告しましたとおり,4.6%だったのでよかったのですが,このC12はさらに低いデューティで起動してしまうようです。たぶん,D51に比べて質量も小さいので,起動抵抗も小さく,動いちゃうのでしょう。貨車を連結して起動抵抗が大きければ止まっているんでしょうけど......。でも,やはり単機の時でも止まっていないといけませんね。

KATO C12常点灯デューティ.jpg 限界停止デューティ

頭にきてデジタルストレージオシロで起動時のデューティを調べてみると2.7%でした。これ以下のデューティのパルスを出力させないと,KATOのC12は止まらないようです。自作のKC-1改だとこれ以下のパルスが出力できるので,C12でも使用可能なわけです。

と,言うことで,今まで作ったコアレスモータ対応PWMコントローラの最低デューティをもう少し低くしないといけないようです。

ということで,PFMコントローラPWMコントローラのソフトを書き換え,最低デューティを1%台にしました[晴れ]

KATO C12 & PFM controller.jpg 

       ようやく停止しました。ホッ[晴れ]

テストしたらC12も止まっていますので,大丈夫です。ソフトはそれぞれの▲のリンクをクリックしてください。

ただ,さすがに2.7%と言うような低いデューティのパルスだと,前照灯は明るく光りません。▲の写真でも暗いです。

まあ,C12はキャブの屋根にLEDが搭載されていることもあり,そこから導光材で光を引っ張ってくるのでさらに光量が減ってしまうのでしょうけど,やはりモータの性能がよすぎることが問題だと思います。たとえ,EF10 24のような普通の機関車の場合でも2.7%というデューティでは暗いです。

KATOのホームページのC12は前照灯が明るく点灯していますが,そもそもKATOの機関車は停車中には前照灯は点灯しないし,iruchanのスナバ回路をつける改造をしてもあまり明るくは点灯しないので,このホームページの写真はおそらく,モータの回路を切って,モータが回転しないようして撮影したのでしょう。こんなに明るく光ることはありません。

ナンバーは42・46・51・67号と付属している中で,今は某JRの子会社になっちゃった某車輌製造会社製[雨][雨]なのでパスしたかったのですが,遠軽機関庫に配属されていた42号にしました。普段は湧網線や名寄本線で活躍したんでしょうけど,常紋にも行ったかもしれません。46号は関東,51号は関西,67号は長野で活躍し,今は茅野駅前に保存されているようです。以上は機関車データベースを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

ただ,それにしてもコアレスモータの性能には驚かされますが,今回のC12も非常に走行がスムーズで驚きます。また,ディテールも大変なもので,キャブ内の装飾まで施されているのには驚きます。炭庫側の石炭取出口なんかも表現されていて,これなんか分解しないとわからないのですが,驚きました。



nice!(3)  コメント(0) 

KATO EF10 24関門タイプ入線 [模型]

2017年8月13日の日記

KATO EF10 24-5.jpg スナバ回路設置後の姿です。

6月に発売されたKATOのEF10関門タイプが届きました!

旧型電機はとても好きだし,何よりステンレスボディがとてもかっこよくて,昔,マイクロエースから出た24号機は予約して買っています。これは瞬殺だったらしく,今でもオークションで高値で取引されていますね。

KATOからも茶色の3次形が2014年に出たときにひょっとしたら出るのでは,と思っていましたのでとてもうれしかったです。

ただ,何より正確な24号機をモデル化したものじゃなく,細かいところに違いがあるのであくまでもタイプ,ということですし,ブランドも通常のKATOブランドじゃなく,ラウンドハウスブランドになっています。

どうも,前照灯の設置位置やデッキの手すりの色や避雷器の有無など,細かいところで実車と異なるようですが,細かいことは全く気にしない(というよりそろそろ老眼で細かいところが見えない.....orz)iruchanは放置です。

さて,例によって停車中に前照灯が点灯しないのが気に入らないので,常点灯化改造をします。コンデンサを撤去した上,iruchanが考案したスナバ回路を設置します。改造自体は前回のKATOの3次形と同じですのでこちらもご参照ください。

ボディの分解は面倒ですが,▼の写真にある付近のガラスにツメがありますので,その部分を狙ってボディとの隙間につまようじを差し込んでボディを外します。

KATO EF10 24.jpg ここにつまようじを突っ込みます

さて,お次は最新鋭のコアレスモータ対応PFM式鉄道模型用コントローラでテストします。

ただ.....。

iruchanはこのところ,自作のコントローラの出力部分には必ずスナバ回路を入れることにしています。定数的には100Ω+0.01μFとあまり強力なものじゃないのですが,これを入れることによってコントローラ自身の出力波形がすこし "なまって" 立ち下がりが緩くなります。こうなるとモータのインダクタンス分で発生する逆起電力が小さくなるため,早い話,車両側にスナバ回路を搭載しなくてもよいのでは,と思っています。

KATO EF10 24-2.jpg PFMコントローラでテスト中

  コンデンサを撤去しただけの状態ですが,後ろ側は点灯しません。

実際,今回テストしてみると予想どおり,ほとんど反対側の前照灯が点灯しません。今までの普通のPWM式コントローラだと,コンデンサを撤去しただけの状態だとこんな風に両方とも全開!という感じで点灯しちゃうんですけどね......。

ただ,テストして走らせてみると,確かに後ろ側の前照灯が点灯しないのですが,全く点灯しないわけじゃなく,レールのギャップ部分などではわずかにちらちらと点灯しちゃいます。

まあ,普通のPWM式コントローラの出力にはスナバ回路はついているわけじゃありませんし,運転会や貸しレなどで運転するときに使うコントローラにはないわけなので,やはり車両にも搭載しておこう,と思いました。

また,電気的にもスナバ回路というものはインダクタンスの直近に設置するもので,離れてしまうと今度は回路中のインダクタンスが邪魔するため効果が下がります。ですから,やはり車両に搭載するのがよいと思いますが,コントローラに搭載しておくだけでもかなり効果があるので,コントローラを自作される方は出力部分につけておくとよいと思います。

ただ,今回,スナバ回路の定数はちょっと悩んじゃいました。

最新のPFMコントローラは周波数が高く,PICを使ったものでは最高100kHz,タイマIC LMC555を使ったハードウェア版では500kHzくらいにもなります。スナバ回路はモータのインダクタンスや抵抗分などにより最適な値が変わりますが,コントローラの周波数にも依存するので,最適値は実験で決めないといけません。

と言う次第で,ボディを載せない状態でテストします。

KATO EF10 24-1.jpg スナバ回路接続状況

今回は33Ω+0.1μFにしました。これでも少しちらつくのですが,無視できる範囲だと思います。なお,抵抗値は小さい方が効果が高いですが,その分損失が増えますので,できる限り大きい値の方が無難です。

また,いつも思うんですけど,KATOの前照灯基板に搭載されている電流制限抵抗は560Ωで,これはちょっとLEDの最大定格ギリギリです。場合によっては明るすぎると思います。今回も基板だけの状態だと明るすぎ。直視できないほどまぶしいです。

ちょっと心配になったので2.2kΩにしましたが,それじゃ,ちょっと暗かったので,少し値を戻して,1kΩにしました。

ここまで来ればあとは普通にボディを載せてナンバーつけてナックルカプラーに交換して終わりです。

ナンバーは24・27・35・37・41がステンレスボディです。模型には21・22・23・24が付属していましたが,24しか使えません。ご注意ください。また,ステンレスボディと言っても戦後になって,外板だけ張り替えたもので,骨組みは鉄のままです。こういう構造だと鉄との接続部で電位差が生じますので,いくらステンレスとは言え腐食するので,24号機以外は茶色に塗られていました。24号機だけステンレス無塗装のままだったのは海水による腐食の影響を見るためだったのでしょう。

KATO EF10 24-6.jpg 前照灯も明るいです。

走行性能は言うまでもなく,ディテールも素晴らしいKATOの電機でした。


nice!(0)  コメント(0) 

おかげさまで10周年。どうもご愛読ありがとうございます。

2017年8月12日の日記

残暑お見舞い申し上げます。今年は西日本は猛暑,東日本はずっと曇りか雨,という天候が続いていますが,皆様お身体ご自愛ください。

おかげさまで当ブログも今日で10周年を迎えることができました。これも皆様のご愛読のおかげです。

Googleで簡単なキーワードで検索すると1ページ目に表示されたり,AmazonやKATOの公式ホームページより上に表示される記事もあったり,最悪? の場合,トップに表示されたりする記事もあるのですが,これも皆様のご愛読のおかげです。

今後も精進して面白いブログにしていきたいと思いますので,よろしくお願いします。

タウシュベツ5'.jpg タウシュベツ橋梁

nice!(2)  コメント(2) 

湖北史跡巡り [紀行]

2017年8月6日の日記

ちょっと早めにiruchanは北陸の実家に帰省しておりました。

今年は子供の宿題の手伝い。自由研究で滋賀県・湖北地方の史跡をまわってレポートを書くらしいです。

iruchanも北陸から近いので子供の頃,行った記憶があるのですが,再びまわってみます。

【賤ヶ岳古戦場】

まずは北陸からだと近い,賤ヶ岳古戦場から。

北陸道を飛ばして木之本ICへ。駅は木本ですが,ICや旧滋賀県木之本町(現長浜市木之本町)は木之本です。よく知られているのは神戸の三宮ですけど,阪急や阪神は三宮なのに,JRだけ三宮とか,東京でも阿佐谷は街の名前は阿佐谷なのに駅は阿佐谷だったり,ノやケが入っているのはなんででしょう。勝手に昔,東京で駅名を決めていたからなんでしょうけど,読み方もおかしかったりしますね。北海道の旭川駅は長い間ずっと "あさひわ" だったし,北陸線の米原駅は町の名前がまいらなのに,駅名は "まいばら" ですね。もっとも,こっちの方は市になったときに "まいばら" になっちゃったので,北陸道の米原ICが "まいはら" のまま残っちゃいました。

木之本ICをおりて,国道8号線を敦賀方向へ。すぐに大きな山が迫ってきて,それが賤ヶ岳です。国道はトンネルに入りますが,その直前,大音(おおと)の交差点に案内看板が出ていますので右折して賤ヶ岳古戦場跡へ行きます。

ここはとても楽で,リフトで山頂へ行けます。営業日にはご注意ください。

賤ヶ岳リフト.jpg リフトで登れます。

天正11年(1583年)4月,信長亡き後の覇権争いで羽柴秀吉と柴田勝家がぶつかります。敗れた柴田勝家は越前・北ノ庄で自刃することになります。

歴史の教科書にも載っていて,とても有名なのですが,行く人は少ないでしょう。東京からだととても遠いですし。でも,新幹線で米原でおりれば意外に近いし,何より壮大な歴史の舞台に触れることができますし,また,景色がとても素晴らしいところです。

賤ヶ岳.jpg 奥琵琶湖の絶景です。

山頂には展望台があり,琵琶湖と余呉湖の両方の絶景が楽しめます。

余呉湖.jpg 余呉湖側です。

北陸道も国道8号線も賤ヶ岳の琵琶湖側を通っていますが,鉄道だけ,余呉湖の北側を走っています。よく見ると中央を横切るように北陸本線が走っていますが,さらにその奥が旧北陸本線跡の国道365号線で,急勾配緩和のため,戦前から工事されていた,深坂トンネルが1957年に開通して廃止された柳ヶ瀬線の跡です。

【小谷城】

さて,お次は小谷城。小谷三姉妹の悲話でチョ~有名ですし,戦国時代の大河ドラマにも必ず出てくるところなので訪れてみたいですがここは非常に行きにくく,なかなか地元の人以外は訪れることは難しいと思います。iruchanも大昔,父親に連れられて見に行ったのをおぼえていますが,遠くてまいった記憶があります。
ここは賤ヶ岳からしばらく長浜方向に戻って途中から国道365号線に出ればすぐです。北陸道も小谷城スマートICができましたので,ETCの方はそこでおりればすぐです。

小谷城趾絵図.jpg 小谷城地図です。熊に注意!!

ここも非常に有名なのですが,何より最寄りの北陸線の河毛駅から遠いのと,公共交通機関がないのが困るんですね。今はコミュニティバスがあるようですが,クルマがないと行きにくいところです。

まずは,ふもとに小谷城戦国歴史資料館ができていますので,そこを訪れて地図やパンフレットをいただくとよいと思います。無料の駐車場もありますので,そこにクルマを停めて小谷城に登ることもできます。

ここは北近江を支配していた浅井氏の居城で,3代続きました。

小谷城本丸跡.jpg 

      苔むした本丸跡の石垣が残っています。

小谷城大広間.jpg 本丸から。大広間の跡です。

小谷城趾.jpg 

    お市の方もこの景色を眺めたのでせうね。

手前の山が信長が本陣を敷いた虎御前山で,その奥のぽっこりした山が山本山,琵琶湖の島は竹生島です。

元亀元年(1570年)4月に信長が越前の朝倉氏を攻めると(金ケ崎の戦い),同盟関係にあった浅井氏は義兄の信長に反旗を翻し,結果として6月に姉川の戦いとなるのですが,9月に長政はこの城で自刃し,浅井氏は滅びます。信長にとっても交通の要衝である北近江の支配は欠くことができないものだったのですね。

まずは資料館から追手道をたどって登城? します。

ところが.....。

ものすごく大変です。延々と急な登山道が続いて,足元も悪いし,炎天下で疲れた~。息子もグロッキーでしたけど,昔はこうやって多くの家臣が登城したわけですし,合戦時は多くの信長の兵隊がこの山中を登っていったわけですから,いい経験になったと思います。

小谷城追っ手道.jpg こんなに険しい山道です。

楽に行きたい方は舗装された道路が本丸近くまでありますので,そこをクルマで行くとよいと思いますが,戦国の世を経験するにはちょっと不足ですね。

小谷城はもちろん,山城なわけですが,要塞といってよく,しかも天然の要害である小谷山は峻険で,難攻不落の小谷城攻防戦となると甚大な被害が予想されるため,平地の野戦に持ち込んだのは信長の戦略の勝ちでしょう。ただ,姉川の合戦自体は引き分けで,どちらかの決定的勝利,と言う見方は難しいと思います。

【姉川古戦場】

さて,ここからは同じ国道365号線を南下すると姉川古戦場になります。ただ,ちょっと時間的に厳しいので今夜は長浜市内で泊まりました。1日でまわることは十分可能ですが,子連れだとちょっと厳しいかな,という感じです。

翌日は早く起きて,さっそく姉川の古戦場へ。

姉川合戦場.jpg 姉川南岸(旧長浜市側)

場所的には国道365号線が姉川を渡る地点です。もっとも,野村橋は新,旧2つあり,国道は新しい橋に移っているので,古い方です。昔はこちらが国道だったので,こちら側に碑があります。現在の国道からは堤防沿いに少し東に行くと碑があります。

小谷城から来ると北岸なのですぐ碑があります。今回は長浜側からなので南岸に到着しましたが,南岸は看板があるだけです。旧橋はクルマは通行止めですので,歩いて渡ります。

それにしても1570年にここで教科書にも載っている合戦があったとは驚きます。そんな歴史の舞台に立てばいい経験になりますね。でも,歴史好きの人だってなかなかここまで来ることはないでしょう。

姉川古戦場.jpg 周囲は静かな河原です。

姉川戦死者之碑.jpg 姉川戦死者の碑

【関ヶ原古戦場】

さて,ここからは歴史をずっと後に下って関ヶ原の合戦場所まで行ってみます。

このまま国道365号線をたどると関ヶ原に着きます。なんでか,とゆ~と,

実は,ここから先,長浜~関ヶ原間の旧東海道線の跡が国道になっているからなんです。

1883年,東海道線・関ヶ原~長浜間が開通し,長浜から浜大津まで船で連絡することにより,東海道線が(いちおう,)全通します。鉄路での全通は1889年に湖東線が開通してからです。1899年に現在の近江長岡経由の線ができてこちらが廃止となり,跡が道路となりました。クルマだと勾配,カーブともに緩いので走るのはとても楽です。わざわざ北陸道~名神とたどらなくても早く関ヶ原に着きます。あまり知られていないのですが,鉄ちゃんだと一度,クルマで走ってみるとよいと思います。

ま,ここは何も書かなくてもものすごく有名なところですので,解説はなしです。

まずは石田三成本陣跡へ。国道に看板が出ていますし,脇道にそれると田んぼの中に巨大な砦が現れるので,すぐにわかると思います。

すぐ近くに決戦地跡もありますので,そちらも見てきます。

その後,ここも資料館がありますので,そこに行きました。地図をもらいに行くだけでも価値ありですが,中の展示もなかなかのもので,愚息も熱心に見ていました。

資料館脇には徳川家康の最後の陣跡や,東首塚などもありますのでとても有意義です。少し南に行くと,本多忠勝陣跡もあります。

さすがに次は家康の本陣があった桃配山へ行こうとしますが,ここはクルマでずっと国道21号を岐阜側に走ったところにありますので,ちょっと大変です。さらにその先,山内一豊陣跡もありますが,行程上,パスしました。

ただ,桃配山の本陣は総司令部と言っても全然,前線が見えませんし,はるかに笹尾山の三成の本陣の方が高台にあって見晴らしがよく,狭い谷間に続く出口部分にあって周囲に自陣営の部隊を配置しておけば敵を包囲でき,有利です。それこそ,南宮山に陣していた毛利勢を始めとして,まじめに? 西軍全軍が動けば,カンネーの戦いやセダンの戦い同様,世界史上に残る包囲殲滅戦となったと思います。実際,三成が陣をここに構えたのも北国街道沿いにあって,徳川方が逃げ込めないように考えたようです。

関ヶ原合戦陣形図.jpg 陣形図

帝国陸軍が創設当時,諸外国から将官を招いて近代軍の育成を図ります。真偽のほどは知りませんが,ドイツから来たメッケル少佐がここの陣を見て,"西軍が勝った" と言うのも頷けます。どう考えてもこれじゃ,西軍が勝って当たり前,という地の利です。

実際には俗に,選挙は美人コンテストと違って単なる人気投票じゃない,と言われるのと同様,関ヶ原の合戦も自分の利益最優先で,どちらが有利かとみんな日和見を決め込んでいたわけですから,西軍が勝てないのは最初からだったと思います。美人コンテストだと投票したからと言ってその子とデートできるわけじゃありませんが,選挙や合戦には戦後に何らかの見返りがあるわけで,その見返り目当てにほかの連中は参戦しているので合戦は軍事力じゃなく政治力です。さすがに三成もハンニバルやモルトケにはなれなかったのも当たり前なわけです。そういえば,メッケルはモルトケの部下だったので,なにやら因縁を感じます。

石田三成本陣跡.jpg 石田三成本陣跡

石田三成本陣跡1.jpg 関ヶ原古戦場の全景

三成の本陣からは周囲がよく見えます。左中央に最後の決戦地があります。

関ヶ原古戦場決戦地の碑.jpg 決戦地の碑

この碑は宇垣一成(陸軍大将,陸相,朝鮮総督)が揮毫したようです。各地にこのような碑が建っていますが,史跡名勝天然記念物保護法により1931年(昭和6年)3月に建立した旨の記載があります。戦前の軍国主義に基づいて国威発揚の意味合いがあったのだと思います。宇垣が揮毫しているのもそのせいか,という気がします。各地にほぼ同じ時期に建立されたようです。また,明治時代にも小さな石碑が作られたようで,脇に明治の石碑が建っている場合が多いです。

で,何事も世の中斜めに見ているiruchanは平成の時代に作られたカラフルな案内看板を見て,このブログを書いているわけですが,こうして明治,昭和,平成の3時代にわたる碑が各地に並んで建っているんですけど,たぶん,一番最後まで残るのは明治時代の石碑なんだろうな,と思います。

東首塚.jpg 東首塚

    家康が首実検をした後,葬った場所です。

本多忠勝陣跡.jpg 本多忠勝陣跡

猛将の称号がある,本多忠勝の陣跡です。天邪鬼のiruchanは単なる忠犬ポチだと思うんですけどね.....。こういうやつが出世するんだと思います。

桃配山.jpg 桃配山の家康本陣跡

家康の本陣は国道21号線沿いにあります。反対側に駐車場があります。

岡山烽火場.jpg 岡山烽火場

丸山烽火場.jpg 丸山烽火場の碑(明治39年建立)

東軍の最右翼で黒田長政と竹中重門が陣した岡山烽火場です。案内看板では丸山烽火場と書いてあることも多く,表記が入り乱れているので注意が必要です。駐車場がありますが,そのまままっすぐ北に歩くとここには来ませんのでこれも注意が必要です。駐車場の南側に道の入口があります。

島津義弘陣跡.jpg 島津義弘陣跡

最後まで積極的に攻撃しない方針を決め込んでいた島津義弘でしたが,西軍の敗色濃厚となって,周りを見たら敵ばかりという状況になると包囲網を突破するべく家康本陣を目指して敵中突破し,伊勢街道を通って大和に抜け,難波の港から海路,薩摩に無事帰還することになります。このあと,家康が島津を取りつぶしていたらその後の歴史は変わっていたことでしょう。

小西行長陣跡.jpg 小西行長陣跡

小早川秀秋の裏切りによって敗走した小西行長はキリシタンであったことから,自刃できず,自首して三条川原で三成共々処刑されることになります。


さて,さすがに暑いし,腹も減ってきたので古戦場の散策は終了。本当は松尾山の小早川秀秋の陣跡へ行きたかったですけど,ギブアップ。ここは遠いし,山登りも大変なので,またの機会にしましょう。

歴史の舞台を訪れることができて大変有意義な2日間でした。



nice!(3)  コメント(3)