So-net無料ブログ作成

Bluetoothキーボードが動かない! [パソコン]

2017年9月24日の日記

久しぶりにパソコンネタです。

iruchanが今使っているパソコンは4年前に自作したもので,もうかなり古いのですが,一応,USB3.0は使えるし,bluetoothやWiFiも使えるので特に不満はなく,まだ使えるうちは,と思って使用しています。

ただ,どうもbluetoothの性能はいまいちで,スマホやキーボードを接続しようとすると非常に時間がかかりますし,特にキーボードは以前はUSB接続の有線タイプを使っていたのですが,机が小さいので広く使おうかと無線タイプのものに交換したらトラブル続出で我慢しながら使っていました。

ただ,これは何も今iruchanが使っているパソコンだけの問題じゃなく,そもそもbluetoothという通信の仕組み自体がまだまだ未完成,という風に思います。他のPCやスマホでもやはりきわめて不安定ですし,スピードも遅く,信用して使えないシロモノだと前から思っていました。しょっちゅう,切れたりしてトラブりますし,速度も遅いですよね。音楽ファイルなんか転送するとイライラします。

iruchanはパソコン自作派なので,キーボードは凝っていて,贅沢ですけど昔からFILCOのMajestouchキーボードを愛用しています。昔ながらのメカニカル式キーボードで,ちょっとカチャ,カチャうるさいですけど,感触は抜群で,昔から愛用しています。まあ,キーボードなんかはそんなに急激に進歩してインターフェースが変わったりして新しいOSで使えない,と言うことはないのでいつまでも使えますから,多少高いのを買っても損ではないと思います。

でも,残念ながら,パソコン自作派なのでいつも思うんですけど,キーボード単体で売られているものはロクなものがありませんね~。どれも変なキーの感触で,特に最近のものはなんかペチャ,ペチャするような感触で,いいものがありません。だからiruchanはFILCOを使っているんですけど,メーカ製の市販のパソコンのキーボードにはなかなか感触がよいものがあり,いつもうらやましく思っています。本体はとうに捨てちゃったけど,キーボードだけ取っておいて,古いメーカ製のパソコンのを使っている,と言う方も多いと思います。

で,iruchanが今使っているFILCOのキーボードはbluetooth対応で,FKBT108ML/JBというもので,もう売られていはいませんが,キータッチがとてもよく,愛用しているのですが,どうにも今の自作PCのbluetoothアダプタと相性が悪いようで,しょっちゅう,認識しなくなります。

パソコン起動後にキーボードが認識されず,キー入力ができません.....orz。

まずはとりあえず,イベントビューアーで確認します。

BTH usb error.jpg あちゃ~。

やはり,Bluetoothアダプターは不明なエラーが発生したため,使用されません,と出ています。それに,不明なエラーなんていうことは問題の解析のしようもありません。

今までは,このあと,再起動するとまた使えるようになったので,しょうがねぇな~という感じで我慢して使っていましたが,さすがに最近は頻繁にこのエラーが発生し,大体,2回に1回くらい発生するようになってしまいました。

定石として,QualcommのAR3011アダプターの新しいドライバを探して再インストールしようかと思いましたが,Qualcommはそもそも個人のお客さんは相手にしていないようで,このアダプタを含め,ドライバは公開していないようです。ネットを探すと怪しげな個人のホームページでこのアダプタのドライバを公開しているのがいますけど,こういうのはダウンロードしない方が安全なのは言うまでもありません。

その点,インテルなんかは結構,チップセットのドライバを公開していて,自作のPCだったら本来はマザボメーカのサポートでダウンロードするべきなんでしょうけど,インテルの方が新しかったりして,インテルのをインストールしたら直った,と言うこともあります。でも,今回,使用しているマザボのMSIのwebにも,チップセットのAMDのwebにもbluetoothのドライバはありません。

と言う次第で,ほかにもいろいろ試してみたのですが.....。

結局,マザボ上に搭載されているQualcommのアダプタはあきらめて,新たに別途,USB接続のアダプタを購入することにしました。実は,iruchanのアイデアじゃなくて,ネットにこのようにアドバイスしている方が何人かいらっしゃいました。

さっそく,購入します。本当だったら正規のパソコン周辺機器メーカのものを使うべきなんでしょうけど....。最低でも1,500円はしますし,高いですよね~。

と言う次第で,アマゾンで売っている中国製のもの。Bluetooth4.0にも対応していて,Windows10の標準ドライバで使えるそうです。レビューを見ても問題なさそうです。値段はたった342円でした。

Bluetooth 4.0 adaptor.jpg 購入したbluetoothアダプタ

さっそく,PCのUSBポートに挿して使ってみます。

案の定,デバイスマネージャを見るとがついていて,エラーになっています。おそらく,ボード上のアダプタとバッティングしていて使えないのだと判断,もとから,もうQualcommのアダプタは使用停止にする予定なので,Qualcommの方を削除して再起動します。

今度はデバイスマネージャでもエラーになっていません。

atheros qualcomm AR3011 bluetooth.jpg QualcommのAR3011は無効にします。

  Generic Bluetooth Radioと表示されています。

さて,いよいよ次はFILCOのキーボードを接続します。画面右下のタスクバーの中にあるbluetoothのアイコンをクリックして,"Bluetoothデバイスの追加" を実行します。

デバイスを追加する.jpg デバイスを追加します。

今はキーボードが使えないので画面のハードコピーがとれません。デジカメ写真で申し訳ありません。

と,次はこんなメッセージが.....。これ,問題なんですけど.....。

デバイスを追加する1.jpg 

    "デバイスのPINを入力してください" だって~~!!

そもそも無線のキーボードにはPINなんてありません。こんなこと聞いてくるのはおかしいです。Windows10のバグだと思います。

といって,これ,よくある現象らしく,bluetoothのキーボードを使っているとたまにこのようになってしまって,困っておられる方が多いようです。

しかたないので,仮にPINを入力して,PCに接続します。

といって,そもそも今はキーボードを認識していないわけですから,PCにPINを入力しようにも入力できません!

有線接続のUSBキーボードをつなぐ,と言う手もありますが,面倒なので,ソフトウェアキーボードを使います。

スタートボタン→Windows簡単操作→スクリーンキーボードとクリックすると画面上にキーボードが現れてマウスでキーを押せば,PINの入力ができます。

番号は何でもよいので,適当に "0000" とでもPCに入力します。その後,bluetoothのキーボードから,同じく, "0000" と入力してenterを押すとキーボードが使えるようになります。

もし,bluetoothキーボードを使っていて,PINを入力してくれ,とメッセージが出たらこの方法をお試しください。

これでFILCOのbluetoothキーボードを再接続しました。しばらくこれでテストしてみます。何度もテストしましたが,今までのような現象は出ません。うまくいったようです。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント