So-net無料ブログ作成
検索選択

コアレスモータ対応PWM式鉄道模型用コントローラの開発~その4・PICの利用~ [模型]

2017年3月12日の日記

さて,このところ,KATOのリニューアルされたD51用のコントローラを作っています。このD51は動力も刷新され,新たにC62で採用されたコアレスモータを採用しています。

ただ,いろんな人が書いておられるように,どうもコアレスモータは従来のコントローラとの相性が悪く,低速がスムーズだと人気の高いPWM式のもので運転しても少しラピッドスタート気味だし,また,常点灯にも対応せず,停止しているときには前照灯が点灯しなくて,走り出すと同時に点灯する,という感じです。

これを解決するべく,iruchanはこのところ研究しています。前回までで往年のKATOの名コントローラKC-1を復活させ,この問題を解決することができました。

さて,今回はPICマイコンを使ったPWM式コントローラを製作したいと思います。

遅まきながらiruchanも去年からPICに取り組んでいます。前回はLEDをチカチカ点灯させるマーカーを作りました。

今までやらなかったのは何より道具をそろえるのが大変だと言うこと。内部のROMにプログラムを書き込むためのライターや言語などの開発環境の準備が必要です。おまけにライターは古いものはRS-232Cしか対応していないので,USB→RS-232C変換器なんかも準備しないといけません。結局,なんだかんだ言って1万円くらい投資も必要です。

なお,道具としてはまずはMicrochip社が出している,ライターのPICkit3が必要です。

ただ,これはあくまでもライターで,PICに書き込むには基板上に通信用のヘッダーを設けないといけません。デバッグするのに便利なんですが,いちいちプリント基板にヘッダーを設けるのも困りもの。やはりPIC単体で書き込みをして,装着するプリント基板には何もない方がよいと思います。

ということで,マルツが売っているPICマイコンプログラミングアダプタも必要です。

PICkit3 & MPIC-DPPA.jpg PICkit3と変換アダプタ

変換アダプタは秋月などでも売られていますが,マルツのが一番使いやすいと思います。

なお,書き込みソフトはPICkit3の場合はやはりMicrochip社の統合開発環境MPLAB IDEを使いますが,開発言語はiruchanは別のソフトなので,MPLAB IDEをインストールすると一緒にインストールされる書き込みソフトMPLAB IPEのみ使います。

ま,それにしてもMPLAB IDEは無料なので助かりますけど。 

ただ,GUIは英語しかないし,このIPEと言うソフトもクセがあって非常に使いにくいです。まずは12F1822と接続できず,一歩も先に進みません。

原因はUSB経由でPICkit3から装着したPICに電源を供給しないといけないのですが,デフォルトで非供給となっているためです。また,この電源の設定が基本モードじゃだめで,Advancedモードにしないと出てこない,という困ったものです。

これに気づくのにずいぶん時間がかかっちゃいました。

IPE-2.0'.jpg Advancedモードに移行します。

IPE-2.4'.jpg

   電源のチェックが必要です。このあと,Operateをクリックします。

と言う次第ですが,なんとか道具もそろってようやく書き込みもできるようになったので,いろいろとPICをいじっています。

それで,昔からやりたかったのはPICで模型を制御しよう,と言うことなんです。

もとよりPICというのは自動車や,各種センサを用いた自動計測などに利用されていることもあり,モータやセンサの接続が簡単にできるようになっています。特に,モータの制御に関してはPWMの機能を持つPICがあります。

と言うことで鉄道模型のコントローラに応用したいと思っていました。また,世の中にはたくさんの先輩がいて,すでに鉄道模型用のコントローラを作っておられますね。

と言うことでiruchanも去年から取り組んでいました.......。

ところが,結構やはり大変です。よくわからない不具合連発で,なんとかようやくPIC使用のコントローラができるようになったので報告したいと思います。

また,ついでに今回のコアレスモータ対応コントローラにしたいと思います。もちろん,PICに取り組み始めたときはそんなつもりはなかったんですけどね......(^^;)。

さて,まずはPICに何を使うか,と言うことになります。

少なくとも,鉄道模型のコントローラはボリウムで指令電圧を作り,その電圧に比例したPWM信号を作らないといけないので,アナログ入力ポートを持ったPICが必要です。

また,当然のことながらPWM機能のあるPICでないといけませんね。

ただ,実は最初,iruchanは知らなかったのですが,PICはPWMはどんなPICでも使えるようになっているので,特にPWM機能のあるPICでなくてもよかったんですね。

PICが発生させるPWM波はソフト的に発生させるソフトPWMと,PIC内部にPWM波発生回路を持っていて,それにPWM波を発生させる,ハードウェアPWMの2種類があります。後者の機能を持っているPICは限られますが,前者はどのPICでも出力可能です。

と言う次第で,単に指令電圧を入力できるアナログ入力ポートのあるPICなら何でもいいんですが,iruchanは12F1822を選択しちゃいました。

12F1822はアナログ入力ポートを3つ,ハードウェアPWMの出力ポートを2つ持った,8ピンのDIPになっています。わずか8本しかピンがないのに,これだけの機能を持っているのに驚きます。でも,これはトラブルのもとで,当たり前ですけど,プログラム中でどのピンを何で使うか,宣言しないと思った動作をしませんのでご注意ください。

これをこんな風に接続すれば,鉄道模型のコントローラの配線ができちゃいます。 

PWM式コントローラ(PIC・最簡略版)1.jpg一番簡単な回路

ついでに,せっかくアナログ入力ポートが3つもあるんだから,調光用と走行用で指令電圧をわけ,2つのボリウムを使ってそれぞれ調整できるようにしたいと思います。PWM式のコントローラなんだから,若干,つまみを回した状態で停めておけば,前照灯も点灯して常点灯になるんですけど,調光用のつまみを別に設ければ,走行用のメインのボリウムを完全に絞った状態でも前照灯や室内灯が点灯したままになるので使いやすいです。製作中のKATOのKC-1改コントローラもそうしました。

ということで,調光用にボリウムをもう1個設けた場合はこのような回路となります。

PWM式コントローラ(PIC・調光).jpg 調光機能を持たせた回路

それにしても簡単だな,と思います。PICが5Vのパルスを発生させるので,その電圧でMOS-FETをon-offすればいいだけのことです。

また,PICを使うとMOS-FETのドライブ電圧が5Vで固定されるのを利用して保護回路を構成することができます。MOS-FETのソースに入っている1.6Ωの抵抗がそれで,たった1本の抵抗で電流制限型の保護回路となります。

ソフトは前回と同じ,Great Cow Basicを使いました。PIC用のフリーのBASIC言語です。本当だったらPICはマシン語か,C言語なんでしょうけど,今から覚えるのも大変だし,と言うことでiruchanはBASICです。

ソフトは上記の単一調整のタイプと,調光&走行が別になっているものと共通ですので,12F1822に書き込めば,どちらの回路でも使用できます。

☆ 

ということで,ソフトを書き込んでOKなんですけど,ここからが大苦労でした。

やっぱりPICが動きません......orz。

今回,内蔵クロックを使うことにし,そのようにソフトを組んだのがまず問題でした。

通常,PICはセラミックレゾネータを使って外部クロックとすることが多いのですが,レゾネータの部品が意外に高いので,もとからついている内蔵クロックを使おうと思ったのですが,なかなかそれが動きません。いろいろwebや本を調べてもよくわかりません。

ようやく,Great Cow Basicで指定の方法がわかりました。#config FOSC=INTOSC と宣言するだけだったのですが。PICにより,この宣言しているところが違うんですね。

ほかに,PWMを出力するのにも苦労しましたし,最後までA/D変換がおかしく,まいりました。今回,A/Dを2チャンネル使っているのですが,どうにもどちらを動かしても変な動作となります。調光用に最大10%のデューティしか出力しないようにしたのに,調光用も100%となったり,と言う具合で,非常に苦労しました。

ようやく,このところ,うまく想定したとおりに動くようになりました。

一応,ソフトをupしておきます。直接,hexファイルをupすることはできないのでテキストファイルにしておきました。このまま,拡張子を.txtから.hexとして,ライターで書き込めばPICにソフトが転送できます。ご利用ください。

PWM controller.txt  右クリックして "リンク先を保存" してください。

さて,テストをしてみます。

ところが....。 

PWMコントローラ試作基板.jpg 試作基板です。LEDでテスト中。 

出力にLEDをつないでテストしてみますと,どうにもやはりまだおかしい。

調光用は最大10%のデューティにしたので,そんなに明るくないし,また,LEDも割にスムーズに点灯するような感じですが,走行用のボリウムを回すとどうにも変で,なかなかLEDが点灯しません。かと思うと,ある程度回したところで,パッと言う感じでLEDが点灯します。

もし,モータを回しているんだったら,しばらく,ボリウムを回転しても全くモータが回らないのに,あるところで突然回り出す,という感じです。これじゃラピッドスタートですね。

ソフトは間違っていませんし,最初は回路の不具合かとプリント基板をチェックしますが,どこもおかしくありません。

でも,前回のKATOのKC-1改を作ったときに経験したのですぐに原因が判明しました。オシロをつなげば文字通り,一目瞭然でした。

やはり,予想どおり,かなりボリウムを回したところで,突然パルスが出力され,しかもそのパルスがいきなりかなり太い!

実際,最低デューティは8%くらいです。こんなはずはないんですけどね。KATOのKC-1改の場合は回路を改良して最低デューティは1%以下となるようにしました。本機も回路を見直さないといけません。

最低デューティ(試作機)1.jpg これで最低デューティです。 

これは,例によって制御用のMOS-FETの入力容量のせいです。また,offしたあと,配線のインダクタンスと共振して若干,波形が波打ってしまっています.....orz。 

MOS-FETは真空管同様,電圧制御素子で,ゲートに加えられる電圧でドレイン電流を制御できる,という大変な優れもので,スイッチング速度もバイポーラTrのようにキャリアの中和などの現象がないので非常に速いし,なによりゲート電流はないので制御電力も不要なのが大きなメリットです。

でも,ここに落とし穴があります。

実際にはMOS-FETの制御にはちゃんと電流を流す必要があり,もちろん,ゲートの消費電力は0じゃありません。

なんでか,というとゲート~ソース間に非常に大きな静電容量があり,昔は400pFくらいで,それでも巨大な容量だったのですが,最近のものは2000pFを超える容量となっています。この容量に十分に電荷が溜まらない限り,MOS-FETはonしないのです。また,いったんonしちゃうと,offするときはこの容量に溜まった電荷を抜かないとoffにならないので,offにするまでの時間もかかっちゃいます。なんか,ものすごくアホな話だな~と思います。

その点,真空管は同じ電圧制御素子なのに入力容量は小さく,ミラー効果がある3極管でも100pFを超えることは少ないです。5極管だと1pF以下で,むしろ配線やソケットなど,浮遊容量の方が大きいくらいです。また,バイポーラTrはベース~エミッタ間がもとから導通していて,電流を流して使うのでインピーダンスが低く,この入力容量はもとから小さいし,問題になりません。 

ということで,実はMOS-FETもうまく使ってやらないと全然スイッチングは速くないのです。

その意味で,KATOのKC-1は出力にPNPのバイポーラTrを使っていますが,まだMOS-FETが一般的じゃない頃の設計なので,こうなっているんでしょうけど,無事にこの問題を回避しています。バイポーラはスイッチング速度がMOS-FETの1/10以下なのですが,入力容量が小さく,意外に高速でパルスをon-offできます。実際,KC-1だときれいに低デューティの高周波のパルスが出力されるようです。  

したがって,MOS-FETをドライブするにはこの静電容量をいかに高速で充電したり,放電したりするか,という点が問題で,対策として,ドライバ回路が必要となってしまいます。結局,バイポーラTr同様,MOS-FETといえども電流でドライブする必要があるし,ドライバ段が必要なんですね。

でも,市販のPICを用いた鉄道模型のコントローラにはこのドライブ回路はついていません。だから市販のPWM式コントローラとコアレスモータの相性が悪い,なんてことになるんじゃないでしょうか。もっとも,模型のコントローラばかりじゃなく,ごく普通のモータ制御回路でもドライバ段はついていない場合がほとんどです。部品が増えちゃって,コスト増要因ですからね。

で,なんでつけていないのかというと,パルスが十分広いとき,つまりデューティが高いときは全く不要だからです。

普通のモータ制御の場合はデューティが数十%以上のところで使用しますし,起動時にラピッドスタートになったって,問題になることはないでしょう。

でも,鉄道模型は起動時が命ですし,それこそ,運転時には起動をいかにゆっくりするか,と言うことにをかけている模型マニアの皆さんも多いと思います.....(^^;)。

まあ,命ほどじゃなくても指先を神経を集中している,と言う人は多いと思います。

と言う次第ですが,鉄道模型のコントローラは最低デューティ付近の制御が重要であることに気づきました。この点,通常の自動車や産業用モータのPWM制御とは大きく異なります。これらは数%のデューティで回転させる,と言うことはないでしょう。もし,そういう状況ならもっと定格回転数の低いモータに替えるとか,ギヤードモータならギヤ比を変える,と言う話でしょう。iruchanはTomixの5001パワーユニット改PWM式コントローラやKATOのKC-1改コントローラで最大出力デューティを100%とするのに苦労しましたが,意外に問題は最低デューティにあったんですね。

"敵は最低デューティーにあり!!" 

   (明智光秀の声で!...........ほんなもん知らんて!) 

まずは鉄道模型のモータが回転し始めるデューティについて考えてみたいと思います。

大体,10%以上のところで回転しはじめる,と言うのが普通だと思います。LEDはデューティで言うと,もう少し小さく,5~8%くらいの値です。

ところが,コアレスモータはインダクタンスが小さく,トルクも大きいことから,数%のデューティでも起動してしまうと思います。

となると,従来のPWM式コントローラでは,ボリウムを回していってパルスが出始める位置に来たときにはパルスのデューティが高すぎ,LEDが点灯すると同時にモータも回転してしまって,いわゆるラピッドスタートになっちゃうんじゃないかと考えています。

実際,今回,オシロをストレージモードにして,LEDの点灯開始およびモータの起動開始時点のデューティを測定してみました。

TL494+KATO EF70.jpg 測定中。

メーカ     車両   LED点灯開始(%)  モータ起動開始(%)   モータ

KATO D51ギースル   3.38 4.60~8.04 コアレス 

KATO EF70  11.2 12.7~14.9 コアつき

KATO DD51 10.3 34.0~45.7 コアつき

Tomix ED61  6.7 34.5~62.3 コアつき,電球色LED化

Tomix EF510  10.3 34.0~59.9 コアつき,電球色LED化

残念ながら,コアレスモータ機は1両しか持っていないのですべてのコアレス機で本当にこうなのか,はっきり言えませんが,やはり,かなり低いデューティでモータが起動してしまうことがわかります。コアつきモータ機で12%~40%くらいなのに対し,ほんの数%で起動してしまうことがわかります。

コアレス機はLEDの点灯デューティとモータの起動開始デューティの差が小さく,やはり常点灯にも対応しにくい,と言うことがわかります。

また,古い機種ほどデューティが高いことがわかりますね。Tomixの機関車はいずれもかなり古いものです。それに,モータの起動開始はかなりばらついてしまいます。オシロも通常のモートでは測定不可で,ストレージモードにしてなんとか測定できる,と言うレベルでした。 

PWM デューティ解説.jpgコントローラのPWM出力

以上の結果から,実際の鉄道模型のPWM式コントローラの出力をグラフにしてみるとこんな感じではないかと思います。

本来は ━ の線のように,デューティは0~100%で直線状に変化するのが理想です。 若干,ボリウムの0゜付近には遊びを設けておかないとつまみをちょっと回しただけで模型が走り出しちゃいますので,通常は少し余裕が設けてあります。

ところが,▼の理由で,通常のPWM式コントローラは最低デューティは0%ではなく,  のように数%程度のところから急に立ち上がります。

昔のようにコアつきモータの場合はモータの起動デューティはこれより高かったので問題なかったのですが,どうもコアレスモータはこれより低い位置で起動してしまうようです。 

一方,コントローラのスイッチング周波数が低い場合は,最低デューティも小さくすることができ,▲のグラフでパルスの出力開始地点はもっと原点に近いところとなるはずで,うまくすればコアレスモータの起動デューティより低くできるはずです。 

ということから以前は,低周波のPWMがこの対策となると考えていました。

確かに,KATOのKC-1では50Hzくらいのスイッチング周波数ですし,iruchanも以前から300Hz/20kHzの切替式で作っておいて,たまに300Hzで運転しているんですが,確かに300Hzだとコアレスモータでもスムーズに起動します。

それじゃ,そのような低周波のPWM式コントローラを作ればいいじゃん,と思っちゃいますけど,これをやるとモータが瞬間的に,起動,停止を繰り返すため,モータが振動し,大きな音を立てます。D51なのに,チョッパ電車みたいにプーッと音を出して走るのはまずいな,と思います。

そこで,KATOのKC-1では高周波のPWMを追加し,モータが唸らないようになっています。KC-1は低周波50Hz,高周波20kHzの2周波PWMとなっていて,高周波パルスを出しているため,モータの振動が抑えられ,実際に運転してみても,かすかにモータが唸る程度です。

では,どうして低周波のPWMだとスムーズに起動するのか,と言うと,これは時間が関連しています。

もし,仮に1%のPWM波を作ったとして,そのパルス幅は20kHzでは0.5μsですが,50Hzでは0.2msもあります。

実は,いくらMOS-FETが高速だからと言っても,0.5μsのパルス幅を作るのは入力容量のせいで結構,難しいことなのです。

一方,0.2msもあるパルス幅を作るのなら簡単で,立ち上がり,立ち下がりに遅れがあっても,幅が0.2msもあるのなら大差ないですしね。要は1%のデューティのパルスを作るにはやはり(パルスの継続)時間が関連しているのです。

では,ちょっとシミュレーションしてみませう。いつものようにLTspiceでシミュレーションしてみました。

MOS-FET simulation circuit.jpg シミュレーション回路 

2SK2466(ton=0.5μs)-1.jpg 2SK2466のとき

   あちゃ~~!! 予想どおり,2SK2466はonしません。こりゃ,あかんわ。

ゲートの電位をみてみますと,静電容量のせいでゲート電位の立ち上がりがゆっくりで,ゲートしきい値電圧VGS_thに到達する前にパルスが終了してしまい,結局,2SK2466はonしないのです。

ですから,もっとパルス幅が広くならないと2SK2466はonしないし,そのため最低デューティが高くなってしまうのです。

実は,MOS-FETの立ち上がりが遅くなるのは入力容量ばかりでなく,ゲートに挿入される抵抗も原因で,これが時定数になり,MOS-FETの起動が遅くなります。これをなくしてしまってPICと直結してもよいのですが,これがないと寄生発振を起こしたり,off時にサージ電圧が発生してMOS-FETを壊すことがあります。

最低デューティ(試作機・PIC~MOS-FET直結).jpg PICと直結したとき

先ほどのオシロの写真と比較していただきたいのですが,確かに最低デューティは1.3%ほどと非常に狭くなりましたが,これ以上,小さくはできませんし,パルスがoffしたあと,はね返りがあります。これがサージ電圧で,ひどい場合にはVDSの耐圧を超えてMOS-FETを破壊することがあります。まあ,今回,試作基板で使用した2SK975はVDS=60Vなので壊れることはありませんけど。 

一方, 往年の東芝製のMOS-FET 2SK442だとこうなります。

2SK442(ton=0.5μs).jpg あれ? ちゃんと動作します。

ちなみに2SK442はCissが330pFと,2SK2466(3250pF)の1/10です。 2SK442はCissが小さいので,ゲート電位もすぐに立ち上がっているのがおわかりいただけると思います。

2SK442は古いMOS-FETで,おそらく1980年代の製造です。この頃のMOS-FETはまだ電流的に大容量でなく,ID=10Aですが,2SK2466は30Aです。最近ではサンケンのEKI-04027だと85Aです。これで同じTO-220パッケージなんですからね。驚いちゃいます。

その代わり,最近のMOS-FETは入力容量が増えており,2000pFを超えるのが普通です。そんなので20kHzのスイッチングをやって0.5μsのパルスを出させよう,なんて無理です。半導体メーカさんにお願いしたいのですが,もっとCissの小さなMOS-FETを作ってもらえないでしょうか。たとえば,VDS=30V,ID=5Aで,Ciss=50pFにして,3VのPICでもドライブできるよう,VGS_th=1.5Vなんてのを作り,鉄道模型スイッチング用なんてどうでしょうか.............無理。

一方,最近ではほとんど大電力回路に使われなくなっているバイポーラTrはどうかというと,

2SD794(ton=0.5μs).jpg 

     ちゃんと出力できるようですけど....。

2SD794(ton=0.5μs)-1.jpg 

     よく見ると立ち下がりが悪いです。

バイポーラTrはonするときは入力容量の問題がないので高速ですが,offにするときはP-N接合面付近のキャリアが中和されている領域がなくなるまでon状態となります。シミュレーションしてみるとデューティは倍くらいになっちゃいます。これでもonしないMOS-FETよりマシ35という気がします。 

う~~ん,とゆ~ことで,なんかいつも思っているんですけど......。

iruchanはいつも, コンデンサと女房は新しいほどよい,と思っています.....(^^;)。

真空管アンプのカップリングコンデンサには最新のフィルムコンを使うことにしていますが,これは古いオイルコンやペーパーコンは吸湿してリークするため,出力管を傷めてしまうからです。嫁はんも結婚したら数年で絶縁破壊し,ちょっとした過電圧で爆発して危険物に変化してしまいますからね.....。

ただ,iruchanは昔から 半導体と真空管は古いほどよい,と思っていました。2A3より45300Bより205Dの方が音がよいし,MOS-FETよりV-FETや2SA627/D188なんかのバイポーラTrの方が音がよいですからね。最近はSiC半導体がオーディオマニアで受けていますけど,iruchanは全く興味ありません。

鉄道模型のコントローラも古い半導体の方がよさそうです。MOS-FETは古い方がCissが小さいですからね。

と言う次第で,対策としては出力のMOS-FETのドライブ用に新たにドライバ回路を挿入する必要があります。前回のKATOのKC-1改でもドライバを挿入して回路を高速化しています。

前回,KATOのKC-1改の場合も,調光用の24kHzのパルスがやはり最低デューティが25%にもなっていて,ドライバ回路を挿入しています。

ただ,ドライバというとよく使われるのがエミッタフォロアなんですが,シングルでは問題を生じます。

PWM MOS-FET single driver simulation circuit.jpg シングルドライバ 

2SK2466(ton=0.5μs single driver).jpg 2SK2466をドライブしたとき 

MOS-FETの入力容量を充電するときは速いのですが,放電するときは1kΩの抵抗を介してGNDに放電されますので,遅く,いつまでもMOS-FETがonしたままです。これじゃ最低デューティは20%以上となってしまいます。 

以上から,やはりシングルのドライバはダメで,MOS-FETの入力容量を充放電するにはプッシュプルドライバにする必要がありますが,KC-1改のときに使用したテキサスのTL494は出力回路がエミッタフォロアになっていて,規格表を見ても出力電流は250mAもあるので,充電側はTL494に任せ,シンク側のみTrを使い,変形プッシュプルドライブ回路としました。回路が簡単で済みますしね。

MOS-FET single driver simulation circuit.jpg 変形プッシュプルドライブ回路 

今回,最初は同じ回路で考えたのですが,改めてMicrochip社の12F1822の規格表を見ると,ソース・シンク電流25mAと記載されています。 ちなみにこの場合,ソース電流がMOS-FETの入力容量の充電電流で,シンク電流が放電電流と言うことになります。なお,ソース電流をはき出し電流,シンク電流を吸い込み電流と書いてある場合もあります。

これは,本来ならとても大きな値なのですが,▲のシミュレーション回路で調べてみると,不足していることがわかりました。放電側は若干小さめですが,充電側は100mA以上流さないと0.5μsのパルスを出力できません。

と言う次第で,結局,プッシュプルドライバとしないといけませんでした。また,使用する素子も定番の2SA1015/2SC1815のような小型Trじゃダメで,ひとつ上の2SA965/2SC2235などの出力用のものが必要となります。う~~ん,なんかこれじゃ半導体アンプだな~~。 その割に出力の半導体はシングルアンプかよ~って感じですけどね......orz。

MOS-FET PP driver simulation circuit.jpg プッシュプルドライブ回路

MOS-FET PP driver 波形.jpg 各部の電流,電圧

2SK2466+driver(ton=0.5μs).jpg 見事に出力できます。

これでようやく20kHzでデューティ1%のパルスを出力できることがわかります。

せっかく,プリント基板を作ったのですけど,残念ながらこれで ボツです。来週は新たにドライバを搭載した基板を作ってテストしてみたいと思います。 

 

2017年3月20日追記

ドライバを追加した基板を作りました。

3連休なので無事に完成するか,と思ったのですが意外にトラブって土曜に基板を作ったのに,ようやく今日,正常に動作するのを確認できた程度でした。

一応,最低デューティは2%ほどにできたので,非常に低くできましたが,目標としていた1%を下回りませんでした。もうすこし回路を調整します。詳しくはまた次回です。どうも申し訳ありません。

PWM contoller PCB driver1.jpg ドライバを追加した基板


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

Vivid

こんばんは!

アナログ回路の解説を楽しみに勉強させていただいています。
このMOS-FETのドライブですが、私は、2SC1815で2SJ471をドライブする回路で動作させています。オシロで確認する限り、パルスはちゃんと出ているみたいです。
動力用のパルスと照明用パルスは、独立した制御系で作り出し、最後に合成させる方がよいかもしれませんね。
今後の作業が楽しみです。
by Vivid (2017-03-12 20:11) 

iruchan

どうもいつもご覧いただき,ありがとうございます。

KATOのKC-1もPNPで制御しているので,P ch.の素子の方がよいのかもしれませんね。

PICと直結すると1%くらいのパルスは出力できることがわかりましたが,次回,P-Pドライバを装備してテストしてみたいと思います。
by iruchan (2017-03-13 20:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。