So-net無料ブログ作成
検索選択

高橋是清邸訪問記 [紀行]

2016年2月26日の日記

今年は2.26事件から80年だそうです。これを機に,事件の犠牲になった高橋是清のお屋敷が公開されているので見に行ってきました。

東京都小金井市の小金井公園の中にある,江戸東京たてもの園に保存されています。普段は内部非公開ですが,現在,中に入ることができます。

私は高橋是清をとても尊敬しているので,一度,見に行きたい,と思っていましたが,内部は非公開だったのでいままで行きませんでしたが,中に入れる,と言うので遠路はるばる愚息を連れて見に行ってきました。

中央線武蔵小金井駅からGoogleマップで2.4kmと出ます。歩くと30分くらいかかるのでちょっときついです。子供がいなければ健康のため歩くのですが小さな子供と一緒では厳しいのでバスにしました。

小金井駅から小金井市のCoCoバスというコミュニティーバスが出ています。20分間隔なので利用しやすいです。料金も100円なのでとても助かります。北東部循環系統というバスに乗ります。たてもの園入り口というバス停で降りて玉川上水を越えて近くです。

途中,玉川上水を渡ります。幅3mほどの浅い水路にきれいな水が流れています。よくこんなのを江戸時代に作ったな~と感心します。でも,どうしても玉川上水というと太宰治の入水自殺を思い出しちゃいますね~。太宰が自殺したのは少し下流の三鷹市ですが,こんな水量ではおぼれて死ぬ,と言うより頭を打って死んだのか,と思いましたが当時はいまよりずっと水量が多かったそうです。京都の疎水のような水量があったのでしょうか。

玉川上水.jpg 玉川上水

小金井公園はとても広く,とても都内とは思えない静かでのどかなところでした。中に梅林があり,とてもきれいな花が咲いていました。

梅林.jpg もう梅が咲いていました。 

さて,西側奥にある江戸東京たてもの園へ。大人400円で,小学生以下は無料です。

江戸東京たてもの園.jpg

中の資料館は残念ながら次の展示のための休み,と言うことで見学できませんでした.....orz。

この建物を出てすぐ右側に高橋是清邸があります。

高橋是清邸.jpg

まずは大きなお屋敷にびっくり。明治村で最近展示された最後の元老・西園寺公望の坐漁荘くらいかとおもっていたらその倍くらいはある大きなお屋敷です。

高橋是清邸玄関.jpg 玄関

中もとても広く,1Fは広間と食堂,仏間などがあります。

寝室.jpg 2Fの寝室。

この部屋に寝ているところを青年将校たちが乱入し,6発の銃弾を浴びせた上,銃剣で刺したそうです。今日は命日と言うこともあり,花が供えられていました。

都電7500型'.jpg 鉄ちゃんなので......。

もと都電7500形が展示してあります。新潟鐵工製7514号です。もっとも都電って濃緑とクリームのツートンだと思いましたが,7500形からこの塗色になったとは知りませんでした。

都電⑥⑨⑩系統図.jpg こんな路線が残っていたら.....。

ほかにもいろんな建物が残っており,当時の商家がどんなものだったかよくわかります。保存された洋館を利用したレストランもあって,とても楽しめました。 

1936(昭和11)年2月26日未明,昭和維新を唱えて決起した陸軍皇道派の青年将校たちは現在の政治体制を打ち倒して天皇による親政を実現し,天皇中心の新体制を打ち立てようとしました。 

岡田啓介首相は誤認されて義弟が殺されたので難を逃れましたが,高橋蔵相や斉藤実内大臣など政府要人が殺害され,一時は政府転覆も成功したかに見えました。

しかし,昭和天皇は激怒され,反乱軍として鎮圧するよう命じられたため,29日(その年も閏年でした)には鎮圧されました。

幸いにもクーデターは成功せず,首謀者は死刑など,処罰されましたし,陸軍皇道派の決定的敗北となって以後,皇道派の将軍たちは前線に飛ばされ,統制派が陸軍の行動を決定するようになります。

しかしながらこれで世の中が正常化されたかというと,言論の自由が封殺され,議会制政治も終焉を迎えて戦争への道を突き進むこととなるのは周知の事実です。

また,震災手形が焦げついて発生した1927(昭和2)年の金融恐慌を収拾し,その2年後には,米国発の世界大恐慌のさなかに浜口首相と井上蔵相が実施した金解禁が裏目に出て,まさしく暴風雨のさなかに窓を開け放つ結果となって円が暴騰し,経済破綻寸前だった日本経済を歳出拡大で救った高橋是清も出口戦略として軍費削減を進めたため青年将校の標的となりました。

と考えるとまさに震災後の近年,マイナス金利の導入というのはどうも平成の金解禁なのではないか,と思います。どうにもいまの状況は2.26事件前の状況に似ているのではないかと......。 

昭和のターニングポイントとなった家がいまも保存され,見学できるのはとても素晴らしいことだと思いました。 

帰りは東小金井駅前のキッチンブラウンさんでおいしいビーフシチューをいただいて帰りました。愚息は煮込みハンバーグをぺろりと平らげ,こちらも喜びました。 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント